ビギナー向け①【安全ダイバーを目指そう!】

安全ダイバーを目指そう

ダイバーになるための一番最初コース、オープンウォーターダイバーコースでは、ダイビングの基本テクニックや基本ルールを学びます。
そして次のコース、アドバンスドオープンウォーターコース(以下、AOWコースと略)では、遊びの幅を広げます。
しかしこのAOWコースの内容や受講後についても、安全面の知識や技術面ではオープンウォーターレベルと大差はありません。
 
そうなると遊びの幅が広がった分、それに見合った安全レベルが必要となります。
部分的にはスペシャルティコースでも学びますが、遊びの範囲が広がった
ダイバー向けの安全講習としておススメなのがレスキューダイバーコースなのです。
 

レスキューダイバーコースとは

PADIレスキューダイバーコース
 
レスキューダイバーコース・・・。
このコース名を聞いた時、第一印象としては
「しんどそう」
「人助けとかインストラクターさんが一緒に潜っているから必要ないし・・・」
「難しいんでしょ」

といったイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。
 
PADIレスキューダイバーコース
 
確かに、講習ではシミュレーションではありますが実際に救助方法を実習で行います。
このコースではそれらを習得することも重要な内容の1つではありますが、
更に重要と言えるものを、学科や実習の過程で学ぶことできるのです
 
まず、このレスキューダイバーコースですが、
 
受講前資格は
① PADIアドバンスドオープンウォーターダイバー(もしくは他団体の同等レベルCカード保持者)
   ※厳密にはアドベンチャーダイバー以上ですがノリスではアドバンス以上としています
② EFR(エマージェンシーファーストレスポンス)コース受講済み者
です。
 
PADI EFR講習
 
ノリスでのEFR講習
 
※欲を言うと、PPB(中性浮力)が取れるようになっているとベターです。
 

レスキューダイバーになったらどうなるの?

ノリスでレスキューダイバーになろう
 
レスキューダイバーコースを修了すると
1. トラブルを未然に防ぐ能力が身につきます。
2. 緊急時の応急処置ができます。
3. 自分自身の安全性が高まります。
4. 他のダイバーを気遣う意識が高まります。
5. 負傷したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につきます。
6. 水中捜索方法がマスターできます。
 
という感じなのですが、既に目立たせておりますが、特に上記の1つ目が重要なのです。
 
色々なダイビングをしていて考えられる様々な小さなトラブル。
潜水事故はそんな小さなトラブルの積み重ねで起こります。
 
そういったトラブルについて、
「どういう状況になったらトラブルが起こる可能性が上がるのか」
「何がトラブルの原因に成り得るのか」等、
トラブルの元まで学びます。
 
ノリスでのレスキューダイバー講習
 
そうすることで、普段の何気ないダイビングでも、プレダイブセーフティチェック時からトラブルの元となる小さなイレギュラーを未然に防ぐ事が出来るようになるのです。
 
このように、トラブルを未然に防ぐ知識もあり、万一のトラブルが起こった際も最低限の対処・対応ができるダイバーを育成するのがレスキューダイバーコースです。
 
ですので、このレスキューダイバーコースは
「安全ダイバー育成コース」
とも言われているのです。
 
ちなみに実習で行うシミュレーションは、シナリオを組んで行いますので、やってみると意外と楽しい講習なんですよ。
自分だけでなく、周囲の一緒に潜るダイバーの為にも、ぜひ安全ダイバーを目指していただけたらと思います。

 

国内も海外もNORISのツアー!Cカード取得後の人生を楽しもう! ツアースケジュールをチェック!
 
Let's Try! Cカード取得 2022年2月末までダイバー応援記念価格 初級ライセンス オープンウォーターダイバー(OWD)コース 今なら39,800円~。

水中写真と光「ストロボV Sライト」♪

肌寒い日も増えてきて、陽が落ちるのも早くなり秋を感じますね♪
海も夏の海から秋の海へ、変わりつつあります。
 
ダイビングをこれから始めようとする人にとって、始めるならやっぱり夏だよね!というイメージがあると思います。
でも、秋の海は魚が増え、透明度がよくなります。
 
夏はやはり人が多いので海底の砂が巻き上げられたりすることもあり、透明度は下がることがありますが、秋はそれが少ないです。
 
ということは、
 
水中写真には絶好の海になってくるわけです♪
 

 
被写体も増え、浮遊物の写り込みも少なく、澄んだ青!
でも、水中には太陽の光が届きにくいのでライティングをする必要があります。
そこで今日のテーマは、水中写真の撮影に重要なライティングについてのお話しです。
「水中ライトとストロボはどちらが良いのか?」
 

 

 
ダイビングに慣れてきて自分で生物を見つけられるようになったりすると、
カッコいい先輩ダイバーのように水中にカメラを持って行って撮影したい♪
と思っても何を選んだらいいのか分からないという方。
すでにカメラをお持ちでも気になっている方も多いテーマかなと思いますので、
是非ご参考にして下さい♪
 
簡単にライトとストロボの違いは何かというと・・・
シャッターを切る前に光の当たり具合が分かるか?光量が違うなど。。。
 
■ライトのメリット
①ストロボの代わりに
②ライトならではの表現を求めて
③ピント合わせの補助として
④動画を撮るために
 

 
撮りたい生物がいても時々岩の隙間にいたりすると
ストロボがうまく当たっておらず、光を当てているつもりでも影になってしまって
撮り終えてがっかりすることもあります。
 
以前の水中ライトは光量も足りず、また光もストロボのように太陽光に近い光ではない。
こうした点が改良されて、RGblueなどのカラーに特化したライトもあり、
これを使って撮影されている人も多くいらっしゃいます。
相当良いものが出ています!
 
こうした水中ライトは、
コンパクトで扱いやすく、ストロボのように瞬間的な光ではないので、
被写体にどのように当たっているか確認できます。
出来上がりのイメージがしやすいし、失敗を減らすことができる。
ライトで簡単に綺麗な色の写真が撮れるというのは、ひとつの価値ですよね。
光量の調整も細かくできるのであれば、
マクロ撮影ではあまり困らないと思います。
水中動画を撮る方は徐々に増えてきているように感じますが、
ストロボで動画のライティングはできないので、動画も写真も撮りたい人にとっては魅力的です。
 
■ストロボのメリット
①大光量でマクロ撮影もワイド撮影も可能
②ブレの軽減
③生物を逃すことがない
④被写体の色を綺麗に再現
 

 
ライトは光量が足りない場合があります。
特にワイド撮影では、ライトの光は届きません。
動きの速い魚などの被写体を撮る場合で、
特にシャッタースピードが遅くなるような状況では、ライトで撮影するとブレやすくなります。
ブレの軽減に関してはストロボの方が有利です。
そして特に、元々暗がりに住んでいるような生物は明るい場所が嫌いなことが多いので、
ライトを当てた瞬間に逃げてしまったという経験は、どなたもあるんじゃないかと思います。
おそらく、これが一番大きなメリットでしょう。
ストロボでは、光が全体的に行き渡り、被写体や背景の色を綺麗に再現。
 
良い悪いとは別の次元で、
ライトとストロボの光は性質が違います。
ライトとストロボでは違った表現も可能です。
ライトでは、優しい表現の写真に。
ストロボでは、細部に渡るカラー再現でくっきり写真に。
 
ストロボと一緒にライトを使うという方法もあります。
ストロボで主役の被写体を照らして、
ライトは背景を明るく抜くために使う、
なんていうおしゃれ技もありです。
 
ご自分の撮影スタイルにあったカメラのセッティングにして、
この秋から冬にかけて透明度の良い海へ潜りにいきましょう♪
 

 
暖かいドライスーツを着て快適に水中写真を思いっきり楽しんで下さいね!!
まだ、マイドライスーツをお持ちでない方、買い替えをお考えの方、
只今、ドライスーツキャンペーン中です!!
 
ノリス東京目黒店 藤森美和

 

国内も海外もNORISのツアー!Cカード取得後の人生を楽しもう! ツアースケジュールをチェック!
 
Let's Try! Cカード取得 2022年2月末までダイバー応援記念価格 初級ライセンス オープンウォーターダイバー(OWD)コース 今なら39,800円~。

ダイビングの秋!は高知県でしょ♪

秋の海は高知が熱い!!
ということでほぼ毎月高知県ツアーに行く岡山店から
高知県の秋の魅力について少しご紹介させて頂きたいと思います♪
 

 
まず最初に高知だけではありませんが日本近海では、
秋がダイビングのベストシーズンと言われています。
どこの海に行っても比較的に透明度も上がってきて、
陸の気温も落ち着くので、水中・陸上共に
ちょうどいい温度でダイビングができるのです。
 

 
そんな時期にぜひ行ってほしいスポットが高知県です!
その高知県でも代表する2大スポット、柏島鵜来島
この2つのスポットは本当にいつ行っても楽しめるポイントなのですが
潜りやすいシーズンに行くからこそ、いつも以上に思う存分楽しむことが出来るのです!
 
まず10月までであればご自身の5mm以上のウェットスーツでもダイビングができ、
ドライスーツ派の方もインナーを薄くすれば快適に潜る事ができます♪
しかも、
柏島は比較的、始めたばかりの方でも楽しめインスタグラムなどでも有名な
船が浮いているように見えるシーンも見れるかも♪
鵜来島ではダイナミックな地形も楽しめ、他ではとってもレアな生物が
いつ行っても見る事ができたり、いつも驚かせてくれる海です。
 

 

 
また高知県は黒潮の影響により透明度もいい日が多く、
レア生物にも出会える可能性大!
秋は夏の生物もまだまだ見られる上、冬型の甲殻類やウミウシ類も出てくるので
この秋というシーズンに行くのが1番オススメなのです!
 
上級者の方は人気の被写体が多いので、レア生物や好みの生物を写真におさめに。
まだまダイビングを始めて間もないという方は、
テレビや雑誌で見るような水中を見に、ぜひ高知県に潜りに行きましょう♪
 
ノリス岡山店 店長 西村明人

 

国内も海外もNORISのツアー!Cカード取得後の人生を楽しもう! ツアースケジュールをチェック!
 
Let's Try! Cカード取得 2022年2月末までダイバー応援記念価格 初級ライセンス オープンウォーターダイバー(OWD)コース 今なら39,800円~。

これからのみ・か・た♪

ついこの前まで暑かったのに、
すっかり秋の様相・・・。
 
これからの海はどんどん水温も下がり、
早ければ9月末にドライスーツに衣替えされる方もいるかもしれません。
 
「寒さ」は楽しみを奪います。
そうならない為のこれからの強い味方!
それがインナー!
 

アンダーウォーマー

涼しくなってきたとしても、ダイビングもスポーツ。
すぐにトレーナーなど厚い生地のインナーは熱い・・・。
そんな体温調整が難しい、微妙な時期の見方!
その名も「アンダーウォーマー」!!
 

 
保温性、ストレッチ性に優れているのはもちろん、
着た後すぐにわかる暖かさ。
メーカーいわくすぐにポカポカ、「すぐポカ」インナー!
本格的に寒くなる前の微妙な時期や陸上は熱いけど
水温がって時にはとても重宝しますよ!
 

サーマルボディスムーサー

本格的に寒くなってきたらこちら。
寒がりさん達の強い味方!「サーマルボディスムーサー」!!
 
サーマルボディスムーサー
 
何回も言っていますが、ダイビングはスポーツ。
ドライスーツの中も汗をかきます。
その汗が残っていて、冷めてしまうと寒くなりますので、
インナーとしての保温性はもちろん、湿気を逃がして
さらに寒くなりにくくしてくれる優れもの。
表面には水をはじく素材も使っていますので、
水場で着ていても濡れにくい嬉しいポイントも!
 
寒さに合わせて「アンダーウォーマー」と組み合わせると
さらに保温性が高くなりますので、2つとも持っておけば怖いものなしですよ♪
 

 
そんな優れもののインナーがなんとお得に手に入るキャンペーンが、9/11から始まっていますので、今のうちに揃えて、これからのダイビングに備えましょう!
 
ノリス東京目黒店 長津誠人

 

国内も海外もNORISのツアー!Cカード取得後の人生を楽しもう! ツアースケジュールをチェック!
 
Let's Try! Cカード取得 2022年2月末までダイバー応援記念価格 初級ライセンス オープンウォーターダイバー(OWD)コース 今なら39,800円~。

いつもとは違うダイビング♪

こんにちは!
もう早いもので9月になりましたね。
みなさん今年の夏は楽しみましたか?9月はウエットスーツで楽しむ最後の月!
夏を楽しみましょう♪
 
私の今年の夏の思い出は天然記念物のオオサンショウウオを見たことです!!!
先日古座ツアーに行き、海と川でのダイビングを行ってきました。
 

 
みなさんはリバーダイビングをしたことがありますか?
私は初めてリバーダイビングの体験をしてきました。
淡水でのダイビングは、OWのプール講習以来やっていない方が多いのではありませんか?
 
そこで今回体験したリバーダイビングと
竹内の推し生物オオサンショウウオについてご紹介いたします♪
 

 
①水が透き通っており上がった後でもベタベタしない!
 
初めて川に入ったときの感想は、、、「冷たいっ!」というのを一番に感じました(笑)
それもそのはずです。
リバーダイブ前は26℃の海に入っており、川の水温は20℃ほど。
また川は上流から下流までずっと流れているので温度が低いまま。
 
ですが、潜ってみると川のきれいさに圧倒され冷たいことは忘れてしまいました。
 
川から出たときに海とは違って体がベタベタしません!
器材の塩抜きもしつつ潜って水から上がった後は器材も体もきれいになります。
楽しみながらきれいになるのは一石二鳥ですね(笑)
 
②古座川では天然記念物のオオサンショウウオが観察できる!
 
オオサンショウウオという生物を知っていますか?
水族館などで見られるので一度は見たこともある方はいると思います。
 
オオサンショウウオは全長が最大150cmにまで育つと言われている巨大生物です。
(野生個体は大体が50~70cmが多いとされています)
大きなトカゲと言ったらわかりやすいですね(笑)
 
夜行性の為、昼間は岩場に隠れて身を潜めています。
 

 

 
つぶらな瞳と赤ちゃんみたいなカワイイ手!
ずっと観察していると、かわいく見えてきますよ♪
 
でも注意した方がいいことは、絶対に近づきすぎないこと!
もちろん天然記念物なので優しく接してあげることもありますが、
貪欲なオオサンショウウオはなんでも食べようとします。
かわいいオオサンショウウオですが怖い一面もあるので見るときは気を付けてくださいね。
 
ぜひ夏にリバーダイブしてみてくださいね♪
川でダイビングをすることや天然記念物を間近で観察できるのはダイバーならではの特権です!
普段とは違うダイビングスタイルで潜るのは新鮮で新しい発見がたくさん!
新しいことはなんでもワクワクもあり少し不安なことはありますが、勇気を出して踏み出した先には
今までとは違う世界が広がっていきますよ♪
 
いろんなダイビングスタイルがあるのでどんどん挑戦していきましょうね!
まずは潜りたい海の目標を決めて、そのための講習を進めていきましょう!
私たちがたくさんサポートしていきます♪
 
ノリス姫路店 竹内琴華

 

国内も海外もNORISのツアー!Cカード取得後の人生を楽しもう! ツアースケジュールをチェック!
 
Let's Try! Cカード取得 2022年2月末までダイバー応援記念価格 初級ライセンス オープンウォーターダイバー(OWD)コース 今なら39,800円~。