2018.03.21

今週のメモ

桜をバックに魚を撮る 春の風情

桜をバックに魚を撮る 春の風情

ここ最近、日中は本当に暖かい日が増えてきました。

 

街中を歩いていても、半袖姿の人を見ることも珍しくなくなってきました。
2週間ほど前は伊豆方面に出かけると、ソメイヨシノより一足先に咲く
河津桜があちらこちらで咲き乱れ、ダイビングスポットに行くまでの道中までも
楽しませてくれました。

 

といっても、お花見の本番といえばソメイヨシノ。
これからの時期が楽しみですね。

 

聞くところによると、九州から関東では開花・満開ともに平年よりも
1週間ほど早いそうです!
これはうかうかしていられません!!
お花見を楽しみにされていた方は、早く計画をしなくてはいけませんね。

 

先週の16日に高知では、日本で一番早い開花がはじまっているそうなので
兵庫・岡山店舗の方は高知ツアーの際、春の先取りが楽しみですね。

そんな桜ですが、陸だけでなく水中でも楽しむことが出来る場所があるって知っていましたか?

 

西伊豆・安良里にある黄金崎ビーチでは陸の桜が咲く時期に合わせ
水中に桜(を模したもの)が設置されるんです。
昨年目黒店も行きましたが、桜をバックに魚を撮るという
なんとも貴重な体験をさせてもらい楽しませてもらいました。
陸でやっていることを海でもやりたがる・・・ダイバーの不思議な性質ですね(笑)

とにかく、今年もいろんなところで春の風情を感じたいものですね。

 

今週のメモ:3月19日
担当:東京目黒店 店長 米村哲也

 

【画像:黄金崎ビーチの水中桜】

  • カテゴリー